柏洋通信Vol.62

【スマート工場EXPOに行ってきました。】(1/26)

621.JPG

622.JPG

623.JPG

624.JPG

 東京ビッグサイトで1月17日から19日の日程で開催された、第二回スマート工場EXPOに行ってきました。
 スマート工場とは、高度なファクトリーオートメーションに加えて、 工場内のあらゆる機器/設備 あるいは工場と工場を通信で常時つなげ、 IoT化することで生産革新を実現する次世代型の工場(主催者HPより)を意味することは、既にお馴染みです。
 IoTやインダストリー4.0、AIなどの言葉は、テレビや新聞で目にしない日はないと言っても過言ではないでしょう。
 ドイツやアメリカが先行し、日本でも大企業への具体的な導入例が続々と報道されています。
 元々は製造業の生産性の向上を前提とした取り組みだと理解していたのですが、 今ではサービスや金融の世界での導入も進んでいるようです。
 大企業はもとより、実は中小企業こそがIoTで劇的に変われるのだ、などと聞くにつけ、 最先端を行く工場で今何が起きているのか、何が起きようとしているのか、 自分の目で確かめなければならないという強い衝動にかられました。
 また、当社の技術系の役職者にも参加を促し、係長以上全員がスマート工場の今と未来を体感してきました。
 彼らにとっても大きな刺激になったと思います。

 私は二日目の18日にビッグサイトを訪れました。
 まず驚かされたのが会場の人の多さです。
 高度な技術に特化した内容だけに、これほど動員力のある展示会は珍しいと感じました。
 主催者側の発表によれば、同時開催のクルマやロボット関連までを含めると、11万人以上が集まったそうです。
 事前に書籍やネットである程度勉強はしてきましたが、全体像を掴もうと出席したセミナー「AIとIoTが進化させるスマート工場の未来」では、 主催者側の予想を遥かに超える2,000名以上の応募があり、収容できない人たちのために急遽ビデオで視聴できる会場まで用意したとのこと。
 これだけでもIoTへの関心が、沸騰していることが分かります。

 今回は第一回目の昨年に比べ、出展した企業の数は倍以上に増えています。
 会場のあちらこちらで機器のデモンストレーションや、システムのプレゼンテーションが行われ、 多くの来場者が足を止め、熱心に説明に聞き入っていました。
 大企業向けの大掛かりで高価なシステムばかりではありません。
 従来から使っている古い機器や設備に後付けでセンサーを装着し、そこから得られるデータ―を通信で集約し、 製造ラインの現実の姿を見える化するシステムが数多く展示されています。中小企業にも手が届く、 そこそこの額の投資で工場をスマート化することが可能だと、改めて認識できました。
 その他にもAIを駆使し画像処理を高度化するためのソフトや、 AR(拡張現実感)を活用して視線上に様々な情報を投影するスマートグラス(眼鏡)などなど、とても一日では回りきれません。

 当社でも日常的に数多くの機器や設備が稼働しています。
 そうしたものが何らかの理由で停止することは、積もり積もれば大きな生産ロスにつながります。
 IoTの導入で可視化できるから問題点を的確に把握でき、迅速かつ適切な対応が取れるのです。
 これから人手の確保が増々難しくなることを考えると、IoTで現在人が直接行っている点検作業を効率化することはもちろんのこと、 機器や設備の異常事態を予測して、トラブルを未然に防ぐ予防保全まで視野に入ってきます。
 当社にとって工場のスマート化は夢の世界の話ではなく、目の前の課題を克服するための、極めて現実的な取り組みなのだと理解できました。


代表取締役社長
七島 徹

What's New

◆社長の一言 「柏洋通信」VOL.62配信(2018.2.9)