柏洋通信Vol.75

【ISOの定期審査を受けました。】(7/18)

751.JPG

◆最後に審査員の方から全体の講評を受け、本社を含め3日間に渡った定期審査は終了しました。

 7月11~13日の日程で、ISOの定期審査を受けました。当社は現在ISO14001:2015の認証を受けています。
 定期審査の結果「改善指摘事項が発見されませんでした。登録されているマネジメントシステムについて、システムが維持されていることと判断いたします」との評価を受け、 無事定期審査に合格することができました。
 工場のみならず、4年前から本社の営業や総務・経理部門も加わり、現在オール柏洋でISOに取り組んでいます。

 「システムが維持されている」と評価をいただき「ほっと」したとはいえ、まだまだ当社として改善しなければならない点が多いことも事実です。
 部品の交換がなされているにもかかわらず、点検記録の中に記載が漏れていたり、点検記録は残されていても、それが問題発生の際の振り返りに活用されていないなど。
 生産に関わる多くのデータは記録されてはいるものの、必ずしも評価・分析が的確になされておらず、改善に向けてのアクションに繋げられていないとの指摘も受けています。
 また本社の営業、経理部門の取り組みは、より事業計画との整合性を重視するよう指摘を受けています。
 オール柏洋で取り組んでいるとはいえ、この辺りが課題としてクローズアップされてきたと感じています。

 ISOを推進する上で、PDCAの重要性に異論をはさむ人など誰一人としていないでしょう。
 PDCAがPlan/計画⇒Do/実行⇒Check/分析・評価⇒Action/継続的な改善の頭文字であることは、今さら言うまでもないことです。
 ところがつい最近、ネット上でこんなPDCAを見つけてしまいました。P=Plan/計画⇒D=Delay/遅れる⇒C=Cancel/止める⇒A=Apologize/謝る、なのだそうです。
 「言い得て妙」だと感心してしまった私は、経営者として如何なものかとは思いますが、こうした状況に陥ることは往々にしてあることだと納得できます。
 そもそも計画そのものに無理があったのか、取り組みの仕方に問題があったのか。
 当社のISOがこのような悲惨な結果に終わらないよう、自戒を込めてあえて披露した次第です。




代表取締役社長
七島 徹

What's New

◆社長の一言 「柏洋通信」VOL.75配信(2018.8.4)