柏洋通信Vol.83

【ガラスびんフォーラムの例会に出席しました。】(12/7)

831.JPG

832.JPG

833.JPG

◆大正時代の古民家が、ガラスびんのショップ&ギャラリーとして現代に蘇りました。

834.JPG

◆小西社長自ら「ガラスびんへの思い入れ」に満ちた熱い解説とともに、案内していただきました。

835.JPG

836.JPG

837.JPG

838.JPG

839.JPG

◆怪しく光るウランガラスから昭和レトロのビールびんまで、貴重なコレクションが並んでいます。ガラスびんファンでなくても一見の価値ありです。

8310.JPG

8311.JPG

◆日本精工硝子さんの製品が、1本から購入できるショップでもあるのです。





 11月28日、大阪で行われた「ガラスびんフォーラム」の例会(社長会)に出席しました。
 「ガラスびんフォーラム」とは当社を含む東西7社、主に中小のガラスびんメーカーで構成する団体です。
 今年の2月に創立50年を祝う祝賀会を開いたことは、柏洋通信のVOL64でも紹介したので、覚えていらっしゃる方もおられるでしょう。
 ガラスびんの需要を伸ばすことを第一の目的とし、年に4回ほど各社の社長が集まり、情報交換や議論を重ねる場として例会を催しています。
 平成最後となる例会は、大阪での開催となりました。



   今回の会場は今年7月にオープンしたばかりの「CuteGlass Shop and Gallery(キュートグラス ショップ アンド ギャラリー)」(大阪市中央区伏見町2)です。
 通常大阪開催の例会は貸会議室を利用しているのですが、今回は現在当フォーラムの会長を務める日本精工硝子さんの小西社長から、 「CuteGlass Shop and Gallery」のお披露目を兼ねて、この場所で行いたいとのオファーをいただいていました。
 そもそもここは日本精工硝子さんの製造するガラスびんと、同社が開発したスキンケア商品を販売するアンテナショップとして生まれました。
 建物は小西社長の御親戚が実際に住まわれていた、大正時代の古民家をリニューアルしたものです。
 会合に先立ち、小西社長自ら店舗とギャラリーを案内していただきました。
 日本精工硝子さんは傑出した技術力で、デザイン性の高い製品を市場に送り出してきた会社として業界で名をはせています。
 ここはスキンケア製品ばかりでなく、そうした製品(空びん)を常時120種類以上取り揃え、 一般の方々が1本からでも購入できるという意味で、日本では唯一といってもよいショップです。
 同時に小西社長の貴重なコレクションであるアンティークなガラスびんも展示されており、ギャラリーとしても文化的価値の高いものだと思います。
 建物自体も単なる古民家の再生ではありません。
 元の姿を継承しつつ耐震性などの安全性を確保し、さらに店舗やオフィスとして活用できる実用性も兼ね備えています。
 その上でシンプルかつモダンなデザインに仕上がっており、訪れる人々の中に建築ファンが多いというのも頷けます。
 日本精工硝子さんのガラスびんにも通じる「こだわり」を見たのは、私だけではないでしょう。
 ここは小西社長のガラスびんへの強い思い入れを、感じることのできる空間でした。



   当社が福島県二本松市に工場を移して今年で50年を迎えました。
 このところマイクロプラスチック問題が急速にクローズアップされ、ナチュラルな素材であるガラスびんへ追い風が吹くのでは、 との見方もありますが、実際のところそれほど簡単な話ではないでしょう。
 ガラスびんの魅力や安全性をアピールするために、地元で我々自身に何ができるのか。
 日本精工硝子さんのチャレンジを目の当たりにし、考えさせられることの多い例会でした。






























代表取締役社長
七島 徹

What's New

◆社長の一言 「柏洋通信」VOL.83配信(2019.1.23)