柏洋通信Vol.2

【2016(平成28)年4月15日 福島サンケンさんと5S活動交流会を始めました】

2月19日、地元の宮戸工業団地にある福島サンケンさんを、三浦副工場長、石井課長、橋本課長、石川課長そして七島の5名で訪問しました。
二本松市のある会合で社長の嶋内さんとお会いする機会があったのですが、そこで5Sの話ですっかり盛り上がり、意気投合してしまいました。 そこでずうずうしくも工場見学をお願いしたところ、快諾していただいたというわけです。

嶋内社長も製造業にとって5Sは基本中の基本であるとのお考えで、正に私と同意見です。
嶋内社長は「増々高まるお客様の品質に対する要望や、そうした厳しい環境下で利益を確実に上げていくために、 全社一丸となって5Sに取組むことが、企業の生き残りをかけた活動としてなくてはならないものになっています」と語ります。 福島サンケンさんは上場会社のサンケン電気の関連会社として、1988年に二本松に進出されました。
現在はフラット型LEDの生産と、グループ企業が生産されるパワー半導体の特性検査を一手に引き受けるなど、 サンケン電気グループの中で重要な役割を担われています。5S活動でも積極的かつ先進的な活動がグループ内で高く評価され、 優秀な事業所として数多くの受賞歴を誇っています。

当日は嶋内社長以下、阿部工場長、菅野製造統括部長、渋谷グループリーダー(GL)にご対応いただきました。
特に5S活動の事務局を担当されている渋谷GLには、パワーポイントを駆使しスタート当初から現在に至るまでの様々な取り組みをご説明いただきました。
その後は菅野製造統括部長にもご同行いただき、工場内のクリーンルームをご案内いただきました。
全社的に取り組むというトップの強い意志と、それに応えるボトムアップの様々な取り組みが的確に融合し、 当社とは比較にならないほど高いレベルに達していると感じました。
スペースの都合で詳しい内容まで紹介できないのは残念ですが、我々にとって大いに勉強になったばかりでなく、 非常に大きな刺激をいただきました。

本日いただいた多くのヒントを、今後の当社の5S活動に生かしていく所存です。
最後に嶋内社長から「これからも5S活動の交流を続けていきましょう」と、うれしいご提案もいただきました。 今度は近々渋谷GLが当社にお越しいただくことになっています。

代表取締役社長
七島 徹

irogae3
◆玄関ロビーで記念撮影。向かって右から二人目が嶋内社長。向かって一番左が渋谷GL。
次いで阿部工場長。一人おいて菅野製造統括部長。