柏洋通信Vol.45

【入社式を執り行いました。】(3/27)

451.jpg

452.jpg

 3月21日、入社式を執り行い、今年も2名の新入社員を迎えました。
 例年入社式は、社長として若い力を迎えることができた喜びを噛みしめる場ではありますが、 同時に彼らの将来を託された責任の重さを痛感する場でもあります。
 あらゆる面で変化の激しいこの時代、確実な道しるべなどないも同然ですが、 少しでもその歩みを確かなものにするため、全方位にアンテナを巡らせながら、一歩一歩進んでいく決意を新たにしたところです。

 さて、新入社員を前にして話す内容は、毎年ほぼ次の二つです。
 一つ目は当社の生産しているガラスびんの魅力と優れている点を理解し、ガラスびんを好きになると共に、 社会的にも意義のあるガラスびんを供給する仕事に誇りを持ってもらいたいということ。
 二つ目は、当社は全員参加のサッカー型経営を目指しているということ。
 私は常々従業員一人ひとりが仲間と密接にコミュニケーションを取りながら、 変化に即応しつつ目標に向かっていく体制にしていきたいと考えています。
 今年も新入社員に理解してもらうことが第一ですが、改めて同席している幹部社員や、私自身に言い聞かせるつもりで話しました。

 今年はスポーツマンの二人が集まりました。
 根本耕平君はクラブチームに所属してサッカーに打ち込み、センターバックとして活躍してきました。 練習場が遠かったこともあって、放課後にお母様が毎日車で送迎してくれたことに感謝していました。
 青木将之君はウエイトリフティング部に3年間所属し、インターハイや東北大会で活躍。
 小柄ながらがっちりとした体形に、厳しい練習に打ち込んだ様子がうかがえます。
 いずれもスポーツで培った体力や忍耐を、当社で活かしてもらえるものと期待しています。

代表取締役社長
七島 徹