柏洋通信Vol.6

【5/23 「第12回ガラスびんアワード2015」授賞式が開催されました。】

「ガラスびんアワード」(以下アワード)も今回で12回を数えるまでになりました。

同アワードはガラスびんの「機能性・環境性・デザイン性」などを、多角的にかつ審査員の独特の視点も交えて評価し、優秀な作品を表彰するものです。

審査委員長はあのマルチタレントのリリー・フランキーさん。
もう一人の審査委員は、サポート役としても息がぴったりのフリーアナウンサーの富永美樹さんです。

授賞式でのお二人の軽妙なトークににんまりさせられると共に、リリーさんの意外性たっぷりのユニークな視点や、 富永さんの生活者としての細やかな感覚には、毎回驚かさるばかりです。

今回は過去最高の205エントリー(359本)の商品の中から、 最優秀賞、機能優秀賞、環境優秀賞、デザイン優秀賞、リリー・フランキー賞、富永美樹賞、日本ガラスびん協会特別賞(2点)の8作品が選ばれました。
当社は昨年のアワードでは「コンポート丸ごと温州みかん」でデザイン優秀賞をいただきましたが、 今回は残念ながら一次審査止まりでした。

捲土重来、次回は賞取りを目指して頑張ります。


授賞式の模様や受賞作品は以下の日本ガラス協会のHPをご覧ください。
日本ガラスビン協会 「第12回ガラスびんアワード2015」各優秀商品決定


代表取締役社長
七島 徹
awado1.JPG
◆日本ガラスびん協会会長、日本山村硝子(株)山村社長より開会のご挨拶。

awado9.jpg
◆当社製品SZジャムは一次審査を通過したものの、残念ながら最終審査には残れませんでした。

awado10.jpg
◆受賞者の皆様とリリーさん、富永さん。