柏洋通信Vol.63

【みやぎ食品・飲料販路開拓展示商談会に行ってきました。】(2/2)

631.JPG

632.JPG

◆及川社長のお話では、東日本大震災で4つの工場のうち、3つが津波で流されてしまったそうです。ようやく再建に目処がつきつつあるとのことで、当社のガラスびんがお役に立てばうれしい限りです。

633.JPG

634.JPG

◆最近ガラスびんをリニューアルされ、新製品の「大葉のジェノベーゼ」を市場に投入。粟野代表、大ヒット期待しています!

635.JPG

636.JPG

◆トマトにとことんこだわるデリシャスファームの今野専務。新製品の「トマトジュレ」にモンブラン140を採用していただきました。

637.JPG

638.JPG

◆当日は多くのバイヤーが詰め掛け、地元テレビ局の取材も入っていました。別の開場では個別の商談会も行われていました。

639.JPG

6310.JPG

◆三陸オーシャン様は海鞘(ほや)一筋。「独特の香り」が魅力の海鞘ですが、流通の方法が悪ければ、それが「臭い」に変わり敬遠されます。木村社長は本当の海鞘をもっと知ってもらいたいと、意欲的に取り組んでおられます。

6311.JPG

◆(株)ファーマーズ・フォレスト松本社長。社長自らの実践に基づく貴重なお話に、多くの気づきをいただきました。

 1月30日、宮城県仙台市のみやぎ産業交流センター(夢メッセみやぎ)で開催された、みやぎ食品・飲料販路開拓展示商談会に行ってきました。
このイベントは、宮城県内の農産・水産品と、それらを活用した加工食品や飲料の販路拡大を目的に、日本全国はもとより、 海外のマーケットをも見据えたビジネスマッチングの場として企画されたものです。
 出展者はいずれもそれぞれの地元で頑張っている企業ですが、こうした機会に慣れていないところも多く、 海外への販路開拓にはジェトロが、国内の販路開拓には「フーデックス」で定評のある日本能率協会が全面的にサポートしています。
 会場には80社以上が集まり、バイヤーたちとの商談にも熱が入ります。
 当社の製品をお使いのお客様にも、しっかりご挨拶してきました。
 商談でお忙しいところ、快くご対応いただきまして、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。



 同時に「食」に関するセミナーも開催され、当社のお客様でもある(株)ファーマーズ・フォレストの松本代表取締役が、講師として登壇されました。
 松本さんは(株)ファーマーズ・フォレストの社長として、栃木県の道の駅「ロマンチック村」を中心に、地場の産品を活用した商品を幅広く展開されています。
 当社もそうした中の一つである、クラフトビールでお世話になっています。
 地域に根差した事業は物販に留まらず、こと消費を促すイベントの企画・運営や、全く新しい体験型旅行の提供など、我々の常識を遥かに超えて広がりを見せています。
 松本さんはこうしたビジネスマンの顔を持つ一方、「農業と食、地域資源を結ぶ総合プロデューサー」として、地方を活性化するコンサルタントとしてもご活躍されています。
 今回は「地方創生時代の集客方法や、稼ぐ仕組みづくりについて」のタイトルで、1時間超お話されました。
 当社とは分野は異なるものの、幾つかのヒントをいただいと感じています。



 「プロダクトインからマーケットイン」と言われて久しいですが、本当の顧客はだれなのか。
 顧客の話は聞いているつもりでも、顧客の本当のニーズを掴んでいるのか。
 松本さんのお話を伺いながら、当社の新製品開発の過程で、ここまで突き詰めてきたのか、自分たちの独りよがりになっていないか、改めて考えさせられました。
 もう一つ、気になるエピソードを伺いました。
 松本さんの会社では「大谷アンダーグラウンド」という体験型の旅行を企画していますが、大変好評だそうです。
 栃木県の名産にかつて大谷石がありました。
 現在は建築の志向も変わり、需要はすっかり落ちてしまいました。
 石を切り出した現場は今や多くが廃坑と化し、地元ではすっかり負の遺産だと思われていました。
 ところが、廃坑の奥深くに水が溜まり、まるで地底湖のような幻想的な風景が広がっていたのです。
 これが新たな観光資源として蘇りました。
 自社の持つ魅力や価値をきちんと理解し、活かしているのかを問われていると、「ハッとした」瞬間でした。
 ここ「夢メッセみやぎ」では、新たなお客様との出会いと、柏洋硝子を見つめ直す貴重な機会をいただきました。









































代表取締役社長
七島 徹