柏洋通信Vol.67

【「第14回 ガラスびんアワード2017」授賞式に出席しました。】(3/26)

671.JPG

◆真中が最優秀賞の『久保田 雪峰』、向かって右が『ファーストエッセンスジン』、向かって左が『NEXT THE HAEVEST2017』。

672.JPG

◆当社も健闘むなしく最終予選で敗退となりました。来年こそはリベンジです。

673.JPG

◆受賞者の皆さん、おめでとうございました。

 去る3月15日、如水会館で開かれた「第14回 ガラスびんアワード2017」授賞式に出席しました。
 アワードについては昨年の柏洋通信でも取り上げているので、ここでは詳しい内容は省きますが、 審査委員長にリリー・フランキーさん(9回目)、審査委員にフリーアナウンサー富永美樹氏(6回目)を迎え、応募エントリー数、297エントリー(449本)の中から各賞が決定しました。
 3年連続でエントリー数が最高記録を更新するほどの盛況ぶり。
 最優秀賞には千寿、万寿で有名な、あの朝日酒造の『久保田 雪峰』が選ばれました。
 黒の加飾が施され、重厚なプレミアム感が醸し出されています。
 お酒そのものの品質の高さと相まって、瞬く間に完売してしまったそうです。
 また優秀賞にはアルケミエ辰巳醸造の『ファーストエッセンスジン』と、福禄寿酒造の『NEXT THE HAEVEST2017』が選ばれました。
 アワードの詳細については、日本ガラスびん協会のHPをご覧ください。(http://glassbottle.org/glassbottlenews/1531)
 いずれの受賞作も甲乙つけがたい力作揃いです。
 今回は例年以上に中身の価値をより高める、デザイン力の際立った作品が選ばれたのではと感じています。
 こうした力は正にガラスびんだからこそ。
 他の素材の容器には決してまねのできない、ガラスびんだけが有する大きな魅力だと思います。

 さて、当社も今回のアワードにはエントリーしているのですが、残念ながら昨年に引き続き最終予選であえなく敗退となりました。
 まだまだ中身の価値を高めるまでには至っていないのか、反省至極です。
 来年こそは最優秀賞を目指し、また一から地道な努力を続けていきます。
 リリーさん、富永さんはともに当アワードの審査を長く務められてきたこともあって、すっかりガラスびん通になりました。
 時に審査委員の立場を離れ、一ガラスびんファンとしかとれないコメントも多く、終始笑いの絶えない楽しい授賞式になったことも付け加えておきます。



代表取締役社長
七島 徹